ログイン 新規登録
会員登録 | ログイン | 買い物かご | ポイント | サポートセンター
     
みやこ模型特製パーツ類  
Nゲージ 特製品  
Nゲージ車両完成品  
Nゲージ車両キット  
鉄道コレクション  
Nゲージ 車両パーツ・カトー Assyパーツ  
パワーパック・サウンドカード他制御機器  
カタログ  
16番 (HO) パーツ  
16番 (HO) 車両  
16番 (HO) 加工依頼  
接着剤・オイル・グリス・工具・素材  
 
 
     
    0774-64-3753 (月〜金 14:00〜17:00)  
 
 
  メールはこちら
 
 

(N) 92829 JR東日本 旧型客車 高崎車両センター 7両セット

商品名 : (N) 92829 JR東日本 旧型客車 高崎車両センター 7両セット

製造元 : トミックス

メーカー希望小売価格 : 18,360

価格 : 13,769円(税込)

ポイント : 137

数量 :


 21,600円以上は配送料無料

ご予約商品について

  • ご予約商品は余裕を持って発注いたしておりますが、メーカー側の生産数が極端に少なくなるなどにより入荷数がご注文数を下回る場合がございます。その際には、先にご注文をいただきましたお客様からお渡しをし、不足分につきましては、ご注文をお取り消しさせて頂きます。あらかじめご了承下さい。
  • 発売予定日は目安です。発売日が遅れる場合もございます。あらかじめご了承下さい。また、発売中止になる場合もございます。その際にはご予約をお取り消しいたします。
  • ご予約商品と通常商品を同時にご注文頂きました場合、すべての製品が入荷次第発送いたします。分割出荷は行っておりませんのでご注意下さい。製品ごとにご予約されることをおすすめします。
  • 製品内容、価格などは変更される場合がございます。
  • この商品は2019年10月頃発売予定ですが変更される場合がございます。


JR東日本・高崎車両センターでイベント用で使用されている旧型客車7両セットです。

【商品特徴】
イベント列車などで現在も活躍中のJR東日本所属の旧型客車セット
現役の旧型客車を現在の姿で再現
車番は印刷済
異なる各乗降用ドアは新規ドアパーツを加えて忠実に再現
妻面にある無線アンテナは付属のパーツでユーザー選択取り付け
スハ43系客車を新規製作
スハフ42 2173は改造されたトイレ洗面所窓の違いを的確に再現
スハフ32 2257は側面新規でリベット違いを再現、貫通扉転落防止柵パーツ付属
車体やTR52形台車を新規で製作し、合造車オハニ36 11を再現
オハ47形のTR23形台車はコロ軸タイプを新規で再現
二段式Hゴム固定のドア窓も高低二種の新規ドアパーツで再現
テールライト装備車(オハニ36・スハフ32・スハフ42)は車掌室側を基準に常点灯基板装備でON/OFFスイッチ装備
屋根のベンチレーターは黒色で表現
各車幌枠は実車に従い灰色で再現
最後部で回送時などで使用する反射板パーツ付属

【商品内容】
スケール:1/150 9mm(Nゲージ)
商品形態:塗装済完成品
モーター:なし
ヘッドライト・テールライト:オハニ36、スハフ32、スハフ42の車掌室側テールライト点灯
室内灯:別売(0733 LC白色 6個、0734 LC 電球色 1個:オハニ36のみ電球色推奨)
TNカプラー:別売(0373 自連形)

【商品編成】
オハニ36 11+スハフ32 2357+スハフ42 2173+オハ47 2246+オハ47 2261+オハ47 2266+スハフ42 2234
※一例です。3〜7両編成で適宜使用されています。

【実車解説】
国鉄時代末期、高崎第二機関区(当時)はイベントに積極的でした。将来的には高崎に電気機関車の博物館を開館したい考えもあったようです。機関車が復活運転をする際に、機関車だけではサマになりませんので、イベント列車用に旧型客車も保存されました。民営化後もJR東日本・高崎運転所→車両センターに継承されています。
保存されている車両は、国鉄末期に寄せ集められたものです。

■オハニ36
かつて「あさかぜ」の荷物車であったオハニ36 11は1980年代には福知山客貨車区に在籍し、山陰本線で行商人用の車両として使用されていました。しかし、電化と50系・12系化により余剰となったため、廃車になるところ、この客車の価値が認められ急遽、高崎に回送されて命拾いをしました。鋼体化客車オハ60系の一員で、1955年に登場。当初オハニ63を名乗っていましたが、乗り心地向上のため、翌年からTR52形台車への振り替えがなされ、オハニ36に改番されています。現在も室内灯は白熱灯となっています。余談ながら、仲間のオハニ36 7は大井川鐵道入りし、トラストトレインとして使用されています。

■スハフ32 2357
JRグループで唯一現存するスハ32系客車です。1929年に登場した初の20m級鋼製客車です。当初は二重屋根でしたが、1932年製造分からはシングルルーフとなっています。
2357は1938年・梅鉢鉄工所製で台枠は同年製からUF38にあらためられています。
現役末期は郡山客車区に所属。磐越東線・西線で使用されていました。なお、現役時代に蛍光灯化改造を受けています。
※すでに発売済の 8525 スハフ32とは、トイレ・洗面所の窓が二段窓、ウインドシルのリベットが一列という点が異なります。

■スハフ42・オハ47
1951年に登場した特急・急行用客車です。戦後の復興にあわせて客車が不足したために登場しました。ゆったりとしたボックスシートはよく寝られると好評でした。
高崎車両センターにいるスハフ42・オハ47は水戸客車区に在籍し、EF80・81に引っ張られて常磐線の普通列車を中心に使用されていました。なお、いずれも近代化改造を現役時代に受けており、青色塗装、アルミサッシ化、蛍光灯化が行われていました。イベント復活当初は茶色にアルミサッシを輝かせて使用されていました。
トミックス 高崎イベント用客車
【TN化・パーツ取付済】 (N) 92829 JR東日本 旧型客車 高崎車両センター 7両セット
【TN化・パーツ取付済】 (N) 92829 JR東日本 旧型客車 高崎車両センター 7両セット
【ナンバー・パーツ取付済】 (N) 2006 JR東日本 C61形 蒸気機関車 20号機
【ナンバー・パーツ取付済】 (N) 2006 JR東日本 C61形 蒸気機関車 20号機
(N) 2006 JR東日本 C61形 蒸気機関車 20号機
(N) 2006 JR東日本 C61形 蒸気機関車 20号機

Copyright © 鉄道模型 カスタマイズショップ みやこ模型 All Rights Reserved.   0774-64-3753 (月〜金 14:00〜17:00)
商号名 : みやこ模型   代表 : 山本 晃司
個人情報保護ポリシー 特定商取引に関する法律に基づく表示
事務所の所在地 : 京都府京田辺市山手南1丁目4-1 C-502